白髪染めカラートリートメントは汗で色落ち!!対処方法は??

白髪染めカラートリートメントは汗で色落ち?

 

あなたは、白髪染めカラートリートメントを使っていますか?

 

もし使っているなら、怖いのは運動時や雨天時、夏場などですよね。雨天時なら傘などで濡れないように注意すれば良いけど、運動や夏場など汗がだらだら流れていると、怖いを通り越して恐怖です。

 

そこで、本記事では以下についてまとめています。
  • 白髪染めカラートリートメントは、汗などで色落ちするか
  • 白髪染めカラートリートメントで色落ちしにくい方法

 

 

 

 

白髪染めカラートリートメントは、汗などで色落ちするか

 

正直に書きますね。
白髪染めカラートリートメントは、汗や雨などで色落ちします。もしかしたら経験あるのでは無いでしょうか?

 

白髪染めカラートリートメントは、ヘアカラー剤に比べると、色落ちしやすいです。
髪の表面を染料でコーティングし、色付けしているからです。特にすすぎが不十分だと、汗などでカラーが流れて色落ちする恐れがあるのです。

 

一方、ヘアカラー剤を使った白髪染めは、キューティクルを開けて髪の内部を染料を入れるので、色落ちには強いです。汗ぐらいでは落ちません。
しかし、ヘアカラー剤は髪に悪いんです。カラートリートメントを使っているなら、やっぱり髪を大事にしたいからですよね。いったん、ボロボロになった髪は、なかなか元に戻りません。むしろ悪化の一途。

 

ちょっとぐらい色落ちしても、白髪染めカラートリートメントをおすすめします。

 

“ちょっとぐらい”です。
実際、汗で色落ちはするのですが、ほんの少しだけ落ちる程度です。運動してシャツが黒くなったら大変だけど、そんなことにはなりません。
しかも白髪染めトリートメントの使い方次第で、色落ちもかなり抑えられます。

 

あまりびくびくして、心配することは無いでしょう。

 

 

 

白髪染めカラートリートメントが汗などで落ちにくくする方法は?

それでは、汗などで色落ちしにくい白髪染めカラートリートメントを使い方を紹介しましょう。

 

すすぎを十分にする

基本ですね。カラートリートメントを使ったとき、すすぎが不十分だと、汗や雨などで色落ちするどころか寝る時に枕カバーやバスタオルなどにも色がついてしまいます。

 

カラートリートメントを使っている人は承知していると思いますが、もう一度見直してください!!
まだまだ改善点があるかもしれませんよ。

 

 

乾いた髪に染める

白髪染めカラートリートメントはシャンプーしてから使う人が多いですが、染め始めは乾燥した髪で使った方が色落ちしにくいです。

 

乾いた髪で使うことで、色が流れにくくなって浸み込みやすくなります。詳細については、使用するカラートリートメントの使い方を参照してください。

 

 

育毛剤や整髪料は使わない

白髪染めトリートメントを使った後は、育毛剤や整髪料は使わないようにしましょう。
育毛剤などはアルコールが使われていることが多く、色落ちの原因になりやすいです。

 

染料を塗った後は、長めに待つ

染料を塗った後は、色が定着するようにすすぐまでにしばらく時間を置きますよね。
色落ちしやすいと思ったら、時間を少しずつ長くしてください。髪に浸透して色落ちしにくくなります。

 

 

自然乾燥は避ける

白髪染めカラートリートメントを使った後は、自然乾燥ではなくドライヤーで乾かすようにしてください。

 

すすいで濡れたままでいると染料が流れやすいなるため、すばやく乾燥させた方が良いのです。
色持ちするコツですね。

 

 

 

まとめ

  • 白髪染めカラートリートメントは、汗や雨で色落ちすることがある。
  • たとえ色落ちしても少しだから気にする必要はない。
  • 色落ちを予防するには、十分なすすぎ、乾いた髪に染める、育毛剤を使用しない、時間を掛けて染める、自然乾燥は避けるなどをする。

 

おすすめのカラートリートメントは、「利尻ヘアカラートリートメント」です。
よく染まって、頭皮に優しいため、私もずっと使っています。
【白髪用】利尻ヘアカラートリートメント

 

より色持ちしたいなら、「利尻カラークリーム」の方が良いでしょう。
【白髪用】利尻カラークリーム

 

 


TOPへ