バランローズ黒クリームシャンプーの中にジミアンを探してみた

バランローズ黒クリームシャンプージミアン

 

バランローズ黒クリームシャンプーがヒットしていますね。
テレビでも紹介されて絶好調!

 

そんなバランローズ黒クリームシャンプーですが、ジミアンが配合されているか?

 

もしあなたがヘアカラー剤を使ったことがあるなら、ジミアンアレルギーという言葉を訊いたことがあるかもしれません。
皮膚に痒み、赤くなる、腫れる、酷い場合にはブツブツができたりただれたり。

 

 

髪を染めようとする人が気にするジミアン。
もしバランローズ黒クリームシャンプーに入っていたら嫌ですよね。


 

 

 

 

バランローズ黒クリームシャンプーに、ジミアンが配合されているか?

ジミアンは危険?

 

結論から書きますね。
バランローズ黒クリームシャンプーにジミアンが配合されていません。
公式サイトに、ジミアンの酸化染料の一つである「酸化染料」不使用と明記されているからです。

 

ジミアンとは何か?

酸化染料と呼ばれる染毛成分で、アレルギーを発症頻度が高い「パラフェニレンジアミン」を指します。略してジミアン。
酸化染料全体を指してジミアンということもあるようですが、バランローズ黒クリームシャンプーには配合されていないので関係ないですね。

どうしてバランローズ黒クリームシャンプーにジミアンが配合されていないのか?

髪を優しく染めるためです。ジミアンは着色・発色を良くしますが、肌がカブレることがあります。あなたも、悩んでいるかもしれません。

 

たとえば、バランローズにジミアンが入っていたらどうしますか?
魅力が半減でしますよね。何のために購入するのか分からなくなるかもしれません。

 

白髪させ解消すれば、いつまでも若く美しくいられるのに、肌がカブレたり軽くなったり湿疹ができたら最悪。

だからヘアカラー剤は一般的にジミアンを使っているものが多いですが、バランローズは入っていないのです。

 

バランローズ黒クリームシャンプーは、髪優しい4種の天然染料から抽出したエキスとナノ分子染料(HC染料)で安全に、あなたの大切な髪を染めています。
ジミアンアレルギーの心配もありませんし、キューティクルを開きませんので、優しく着色します。

 

 

優しく染めるだけではないです。クリームシャンプーなので、トリートメント効果も期待できるんです。


 

 

ちなみに、一般にアレルギーを起こす配合成分は以下の3つですが、いずれもバランローズ黒クリームシャンプーに入っていません。

  • パラフェニレンジアミン
  • 硫酸トルエン2,5-ジミアン
  • パラアミノフェノール

硫酸トルエン2,5-ジミアンは、パラフェニレンジアミンと似たカラー域を持ちます。が、暗く染まりにくくやや青みの色に強く、赤みの色は彩度がでにくいデメリットがあります。 白髪のカバーはどちらかというと苦手。パラアミノフェノールは、黄みやオレンジみを出すのに欠かせない染料。ゴールド系、オレンジ系、カッパー系のほか、ベージュ系、ブラウン系、レッド系などで使われます。

 

 

うる艶黒髪定期コース

初回62%OFF 1,980円(税込2,178円)
2回目以降20%OFF 1個あたり4,200円(税込4,620円)

 

>>バランローズ黒シャンプーの公式サイトはこちら

 

 

 

バランローズ黒クリームシャンプーはノンジアミンだけでなく、無添加処方だ

 

バランローズ黒クリームシャンプーは、ジミアンが配合されていません。つまりノンジアミンです。

 

肌や髪に優しいのが最大のウリなので、当然他の添加物(化学成分)にも配慮しています。

  • ラウレス硫酸Na/ラウリル硫酸Na
  • シリコン
  • パラベン
  • 酸化染料

が無添加です。

 

それだけではありません。保湿成分や補修成分も配合されているため、髪や頭皮をケアしながら髪を染めることができるのです。

 

髪を染めたいけど、肌が荒れてできなかった
という人には超おすすめ。しかも、シャンプーとしても使えます。というかシャンプーか(笑)

 

試してみる価値ありますよ。
本当に!!

 

 

 

バランローズ黒クリームシャンプーは、ジミアン代わりの染料にどんな染料成分を使っているのか?

4種の天然染料とナノ分子染料

 

バランローズ黒クリームシャンプーでは、ジミアンは使っていないため、以下の4種の天然染料とナノ分子染料を配合しています。

  • ウコン根茎エキス
  • ムラサキ根エキス
  • ベニバナ花エキス
  • クチナシ果実エキス
  • ナノ分子染料

 

ウコン根茎エキス 天然染料。ミネラルや食物繊維が多く含まれている。黄色の着色、エンジングケアが期待できる。ヘアマニュキュアやカラートリートメントで利用。
ムラサキ根エキス 天然染料。紫色の着色が期待できる。抗アレルギー作用があるとも言われている。
ベニバナ花エキス 天然染料。紅色の着色や保湿作用が期待できる。シャンプーで使われていることもある。紫外線対策で化粧品で採用されることも。
クチナシ果実エキス 天然染料。黄色の着色、保湿作用、エイジングケアが期待できる。
ナノ分子染料

小さい分子染料で、キューティクルの隙間に浸透して着色する。具体的には、(+/-)HC青2、HC赤3、HC黄2、HC黄4。安全性の高い成分。
※ヘアカラートリートメントでは、HC染料と塩基染料の両方を使っているケースが多いが、バランローズのようにHC染料だけの方がパサつなかい。

 

 

バランローズ黒クリームシャンプーの染料として使っている成分は、いずれも安全性が高いものです。

 

当然ですよね。
優しく美しく染めるのが特徴のクリームシャンプー。

 

バランローズ黒クリームシャンプーは、他にも色もちサポートをする成分はツヤコーティングする成分も配合されています。

 

 

 

まとめ

バランローズ黒クリームシャンプは、ジミアンが配合されていません。過去にカラー剤などでジミアンアレルギーを発症した人も安心ですよね。

 

天然成分が多く、キューティクルも開かないため、優しく安全に染めるクリームシャンプーです。
当然、クリームシャンプーとしての機能もあります。シャンプーとしてもトリートメントとしても使用できるオールインタイプです。

 

定期コース1

定期コース2

 

定期コース5大特典
  • 特別価格 初回62%OFF
  • 受け取りが楽
  • 2回目以降のずっと20%OFF
  • 送料無料
  • 解約・休止・周期変更いつでもOK

 

>>バランローズ黒シャンプーの公式サイトはこちら

 


TOPへ